銀座の歴史

銀座とは

東京の銀座の歴史は、江戸時代に遡ります。
現在の銀座二丁目付近に鋳造所があったことから「銀座」の地名がつけられました。
明治期には、「煉瓦街」と呼ばれる西欧的な街並みが造られ、現在のきらびやかで華やかな銀座の元となりました。
銀座のすぐ近くに新鮮な食材が並ぶ築地の市場があります。
そのため、銀座の「食」のレベルは上がり、グルメといわれる人々の舌をも満足させ、「食の銀座」と言われるようになりました。

銀座の所在地

銀座は、一丁目から八丁目まで存在します。
特に四丁目、五丁目においては、ここ10数年ほどでビルの建て替えが進み、表通りには高級ブランドショップの路面店が並ぶようになりました。
銀座の歴史の中でも大きな変化であったと言えます。
さらに、カジュアル専門店もこぞって銀座に出店したことで、客層の年齢が広がりました。

未来の銀座

未来の銀座はどんな顔を見せてくれるのでしょうか。
変貌を続ける銀座ですが、なぜか「銀座らしさ」は失われません。
たとえば、銀座には超高層ビルがありませんし、今後も計画はないそうです。
また、文化や芸術を大切にするのも銀座ならではで、多くの画廊やホールが人々の目や耳を楽しませています。
これは、「銀座らしさ」を守る努力を惜しまない街の人々の存在があるからです。
未来の銀座も、たとえ外観は変貌しても「らしさ」は変わらない、「奥行きのある街」として人々を魅了し続けるでしょう。

関連記事

ページ上部へ戻る
Translate »